愛知県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

愛知県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

愛知県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

愛知県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

名古屋総合法律事務所 事務所詳細 住所 名古屋市中区丸の内2-20-25 丸の内STビル6階 電話 052-231-2601 営業時間 平日9:00~18:00 HP http://nagoyasogo.jp/ 債務整理料金 任意整理 20,000円/1社 過払い金請求 返還金額の19% 自己破産 280,000円~ 個人再生 300,000円~ 依頼者の正当な利益の実現のために、所属弁護士が人一倍努力することをモットーにしている法律事務所です。 適正価格を採用しており、全ての相談者に対して最良のサービスを提供しています。

くまざわ法律事務所 事務所詳細 住所 愛知県一宮市本町3-10-15 ミツダ本町ビル8階 電話 0586-25-5686 営業時間 平日9:30~17:30 債務整理料金 任意整理 1社当たり4万円+減額分の10%+過払い金の15~20% 過払い金請求 返還を受けた過払金の15~20% 自己破産 30万円 個人再生 35~40万円 日々の業務においては、出来る限り時間をかけてお客様のお話を伺うよう心がけております。債務トラブルによる不安を和らげ、安心して生活いただけるようサポートさせていただきます。

弁護士法人 鈴木・上野総合法律事務所 事務所詳細 住所 愛知県豊橋市前田南町一丁目1-1 タワーレジデンスHADA206 電話 0532-53-6764 営業時間 平日9:00~17:30 債務整理料金 任意整理 15,750円+1社当たり15,750円+減額分の5% 過払い金請求 お問い合わせ下さい 自己破産 315,000円~ 個人再生 315,000~367,500円 債務に困ったら、すぐにご相談下さい。借金の処理には、プロフェッショナルの知識と経験が必要です。ほとんどの場合、周囲や会社に知られることもなく債務整理の手続きが可能です。

愛知県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い愛知県について

県庁所在地であるのみならず、東海地方、及び日本三大都市圏の一つである中京圏の中心都市である名古屋市を有しており、「愛知県」=「名古屋市」だと思ってる人や県名を名古屋県だと思ってる人が結構いるとかいないとか。 ちなみに1871年8月29日~1872年4月1日まで名古屋県は存在したが、それは名古屋周辺(尾張から知多半島を除いた部分)だけという大変狭いものであった。 4月2日には「愛知県」と改名し、1872年11月27日に三河全域+知多半島を県域とする「額田県」を吸収して現在に至る。 なお、同じように中心都市名と県名の知名度が逆転していることで間違われやすい県として、神奈川県(横浜県)、兵庫県(神戸県)、石川県(金沢県)、宮城県(仙台県)などがある。 この内、名古屋県と同様に過去に同じ地域に実在した県としては、金沢県と仙台県がある(神戸県は別の地方・・・現在の三重県に存在した)。 この愛知県、石川県、宮城県共に現在の県名は、県庁の置かれた中心都市である名古屋、金沢、仙台がそれぞれ「愛知郡」「石川郡」「宮城郡」という郡に存在したことに由来している。 このように県名が中心となる都市の属する郡名から取られるというのは珍しいことではなく、他にも岩手県、群馬県、埼玉県、三重県、滋賀県、島根県など全国に存在する(なお三重郡があるのは現在の三重県北部であり、当初は県庁が四日市市に置かれていたことの名残を留めている)。 愛知県の名の由来となった「愛知郡」は現在も尾張地方東部の行政区画名として残っているが、所属していた区町村が次々と市制施行したり他の市に吸収されたりしたことで面積を減らしていき、今や東郷町一町が残るのみの風前の灯といえる状況になっている。石川県の由来となった石川郡が2011年に消えたように、いずれは消滅する可能性もある。

東海道メガロポリスの上に位置しており、中京工業地帯を有するなど主に産業の面で日本を支える重要な地域であり、関東地方・近畿地方の都府県を除けば最も人口密度が高い県である(日本第5位。次は九州の福岡県で第7位)。 自動車産業のイメージが非常に強い県ながら農業も盛んで、全国7位(平成26年度)の農業産出額を誇る農業県でもある。 「味噌カツ」や「どて煮」のように味噌を用いた料理が有名なため、愛知県を揶揄する際にはしばしば「味噌」という表現が使われる(中日ドラゴンズ=「味噌カツ球団」 など)。 しかしながら愛知県全体でみると味噌の消費量は2008年調査で47都道府県中27番目であり、全国平均よりも県内の味噌消費量は少ない。消費量の多い県は長野県、秋田県、青森県、富山県、宮崎県などである。 ●大きく分けて、尾張、西三河、東三河の3つの地域に分けられる。 特に尾張と三河は文化・方言も違うので、他県民から「愛知=名古屋」と思われる事もあるが、これは大きな誤りである。東三河に至っては名古屋よりも浜松などの静岡県西部の影響を強く受けており、遠州弁の影響を受けた三河弁が使われているといえる。しかし、バカ日本地図では愛知県全域が名古屋県になってしまった。 ●面積は約5165平方kmで第27位、人口は約741万人で第4位。その内約224万人が県庁所在地の名古屋市に集中している。 ●自動車保有台数は47都道府県一。人口が愛知より多い都府県である東京・神奈川・大阪より多い。東京と大阪の都市圏と違い、名古屋都心以外は自動車が欠かせない。 ●一緒に東海地方を構築する岐阜県・三重県・静岡県と隣接しているのは良く知られているが、長野県とも隣接している。

●鉄道 東海道新幹線には「名古屋駅」「三河安城駅」「豊橋駅」の3駅があり、名古屋には1997年以降、全新幹線列車が停車する。在来線は全てJR東海の管轄で、東海道本線の他に中央本線(中央西線)、関西本線、飯田線、武豊線が存在する。2015年には武豊線が電化され、これにより県内のJR旅客線は全て電化路線となった。 私鉄路線としては主に名古屋鉄道(名鉄)がある。他、近畿日本鉄道(近鉄)が名古屋に乗り入れており、県東部には豊橋鉄道(豊鉄)が存在する。 名古屋市内の地下鉄の運営は名古屋市交通局が行っている。また第3セクターとして愛知環状鉄道、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)、名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)がある。 ●空路 以前は名古屋空港(小牧空港)が愛知県を始めとする中部地方の主要空港だったが、現在では中部国際空港(通称常滑空港セントレア)が中部地方の主要空港となっている。 名古屋空港は現在県営空港になっており、フジドリームエアラインズ(FDA)の拠点空港となっている。 ●道路 「東名高速道路」・「名神高速道路」を始め、名古屋周辺の3~40km圏を結ぶ環状道路「東海環状自動車道」、長野や山梨等を結ぶ「中央自動車道」、岐阜や北陸を結ぶ「東海北陸自動車道」などがある。また名古屋の都市部には都市高速道路の「名古屋高速道路」がある。 一般道は、南東部から北西部を結ぶ国道1号や国道23号等、道路は比較的充実しているといえる。 ●海路 名古屋港や三河港、衣浦港などがある。

愛知県(あいちけん)は、太平洋に面する日本の県の一つ。県庁所在地は名古屋市。 日本列島の中部に位置し、中部地方の県では最も人口が多く、県庁所在地の名古屋市は中部地方で最大の人口を擁する都市である。 大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域で構成されている。面積比はほぼ 1:1:1、人口比はほぼ 7:2:1。 郡名が県名にされた県の一つで、現在の名古屋市の中心部が所属していた愛知郡に由来している。 『万葉集』の「あゆち」に由来し、それが律令制下で愛知郡という郡名に採用されたといわれている。他に、あゆち(年魚市)潟説・あゆちの水(湧水)説・あゆち村伝説などがある。

愛知県は、令制国では尾張国と三河国に当たる。愛知県は、支配者氏族と関係している地域である。源頼朝が生まれた地域(名古屋市熱田区)との説もある。室町幕府を開いた足利氏は、初代足利義康正室の出身である藤原南家が開発した岡崎を拠点とし、13世紀から鎌倉幕府の三河守護を代々務めており、西三河地方に細川氏・仁木氏・一色氏・吉良氏・今川氏など一族が多かった。戦国時代には、織田信長と信長の臣下・同盟者である豊臣秀吉、徳川家康など三英傑を始め多くの武将を輩出し中央政局に大きな影響を及ぼした。江戸幕府の創始者、すなわち現在の東京が世界的大都市となるきっかけとなった人物が徳川家康であり、江戸時代の大名はこの三英傑の配下から出た者が多く、徳川一族や譜代大名(井伊氏などごく一部の他国出身者もいる)などの三河出身者のほか、前田家、浅野家、池田家、山内家、蜂須賀家などの尾張出身者が各地で大藩を幕末まで支配した(全国の大名の約7割が愛知県(尾張・三河)出身とも言われている)。大名家だけでなく家臣団や一部庶民も封地へ移り住んでおり、近世日本の大部分は三河武士や尾張出身武士団の支配を受けた形となる。特に、江戸の開府に際しては多くの三河人が移住し、江戸っ子基質の形成にも大きく影響した。また、江戸時代に華咲いた日本的建築や日本的文化は愛知出身者による貢献とも言える。 江戸時代以降、尾張は徳川御三家の一つ尾張徳川家の領域となり、三河は譜代大名・旗本領・寺社領・天領と分割支配された。明治以降、三河国内の旗本・寺社・幕府領を総括する三河裁判所が設置され、のち三河県とされ、さらに伊那県に編入され、伊那県足助庁が所轄した。その後、廃藩置県に伴い、三河に10県、尾張に2県が設置され、三河10県および伊那県足助庁および尾張国知多郡を統合して、額田県を設置。明治4年(1871年)11月22日の第1次府県統合で名古屋県(旧尾張藩)と犬山県(尾張徳川家御附家老の成瀬氏が維新直前に独立し立藩)が統合して設置された名古屋県は、明治5年(1872年)4月2日に改称して愛知県になった。そして、同年11月27日、第2次府県統合により額田県を編入(太政官布告372号)して、ほぼ現在の県域が確定する。名古屋県令であった井関盛艮が権令(県令)となった。県の下には大区小区制により、15大区15小区がおかれ、翌年3月には、第一大区は区長1人、権区長2人、小区に戸長1人、副戸長2人、各町に副戸長2人ずつを置くことになった。これらは藩の統治とは違う中央集権国家の末端統治機構であった。明治4年11月(1872年1月)の県治条例で、県令は管内の立法・行政・司法を専決する権限が与えられ、「天皇の牧民官」と称された。

愛知県は、トヨタ自動車を筆頭に自動車関連企業が数多く存在することで有名。トヨタ自動車の設立は1937年だが、自動車産業が本格的に発展したのは高度経済成長期以降のことで、比較的最近になって発達した産業である。自動車産業が発展する前は、一宮市を中心とした繊維産業や、名古屋市の三菱重工業・愛知航空機、半田市の中島飛行機等の航空機産業等が盛んだった。また、自動車産業に隠れているものの、がいし生産世界一の日本碍子やINAX、日本特殊陶業などをはじめとするセラミックス産業、2016年には創業100周年を迎えた特殊鋼大手の大同特殊鋼やトヨタ自動車系列である愛知製鋼、新日鐵住金名古屋製鐵所等の特殊鋼、鉄鋼業の他、プリンター、FAX、ミシン等を得意とするブラザー工業、そしてトヨタグループであるデンソー、アイシン精機等の電気機器製造も盛んである。また、碧南市、高浜市などで生産されている三州瓦は、島根県の石州瓦、兵庫県の淡路瓦と並んで日本三大瓦であり、全国的に有名である。 中京工業地帯の中心として工業は全般に活発で、製造品出荷額(2013年)は約42兆18億円で37年連続全国1位である(2位は神奈川県で約17兆2261億円のため2倍以上の差) (なお、京浜工業地帯は2006年には製造品出荷額で(30兆5099億円)となり阪神工業地帯(31兆1028億円)に逆転され3位になった。工業統計2007年発表) 2005年に愛・地球博と中部国際空港開港という二大事業があり、東海環状自動車道、伊勢湾岸自動車道、愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)などインフラの整備が急速に進んだ。 しかしその一方で愛知県道511号武豊大府自転車道線(知多半島サイクリングロード)等の自転車道の建設、整備が放棄されており多くの要望が寄せられている。 戦後、自動車産業が発展し、比較的道路整備も行き届いていたことなどの理由から、モータリゼーションが日本で最も発達した地域であり、自家用車の保有台数も日本有数の高さを誇っている。反面、鉄道網の発達具合や輸送力は東京圏・近畿圏と比較した場合低くなっている。 なお、愛知県の交通事故死亡者数は平成15年以降10年連続でワースト1で、自動車事故の多さはこの地域の自動車中心のライフスタイルを物語っている。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事