奈良県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

奈良県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

奈良県で過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所

奈良県で過払い金請求のできる司法書士・弁護士事務所

松本・板野法律事務所 事務所詳細 住所 奈良県奈良市登大路町11番地の1 登大路プラッツ3階 電話 0742-20-6686 営業時間 平日9:30~17:30 債務整理料金 任意整理 1社当たり3~4万円+過払い金の15~20% 過払い金請求 返還を受けた過払金の20% 自己破産 30万円 個人再生 35万円 お客様からお話をお伺いする時には、丁寧にその内容に耳を傾けて、できる限りご相談者様のご希望に添えるような解決方法をご提案させて頂いております。また当事務所では、初回相談30分無料とさせて頂いておりますので、費用の面でご不安がある方はお電話でご予約の上、是非ご利用ください。

弁護士法人i 奈良法律事務所 事務所詳細 住所 奈良県奈良市高天市町11番地1 高天飯田ビル301号室 電話 0742-23-1875 営業時間 平日10:00~19:00 債務整理料金 任意整理 1社当たり32,400円+過払い金の21.6% 過払い金請求 返還を受けた過払金の21.6% 自己破産 304,000円 個人再生 367,200円 奈良市を中心として、任意整理、自己破産、個人民事再生などのお手伝いを、「各依頼者様の事情に適合した適切な処理」と「依頼者利益の最大化」という方針のもと、ご対応させて頂きます。

竹内司法書士事務所 《住所》奈良県生駒市辻町753番地 諏訪東生駒ビル201号室 《電話》0743-75-7345 《営業時間》(掲示なし) <債務整理料金> ・任意整理:1社当たり21,600円+過払い金の20% ・過払い金請求:返還を受けた過払金の20% ・自己破産:216,000円 ・個人再生:270,000~324,000円 多重債務問題に取り組んでいる事務所です。利息を払い続けるだけではいつまで経っても安定した生活は望めません。こちらの事務所では取立てをストップさせ、新たな生活へ向けてのお手伝いをいたします。

奈良県で多い過払い金請求について

過払い金(グレーゾーン金利)とは消費者金融やカード会社に払いすぎたお金(取られ過ぎた利息)。 お金を貸す時の利息は利息制限法という法律で定められてましたが、2007年くらいまで多くの消費者金融やカード会社(貸金業者)がこの法律より高い利息で、お金を貸していました。

世間で過払い金請求というキーワードが先走り過ぎていて、多くの人が勘違いしている過払い金請求。 これって、完済した借金に対する請求以外は、債務整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまうんです。 というか、過払い金請求というのは、元来、完済した借金に対して行うことを言い、借入中のものに関しては債務整理という扱いになるんです。 なので、世間一般で言われる、過払い金請求はブラックリストに載らないというのは、完済した借金に対する過払い金請求であり、借金中の請求は確実にブラックリストに載ってしまいます。

ただし、借入中の過払い金請求であっても、過払い金で借金を完済できるような事案に関しては、ポイントが異なります。 まず、借入中の過払い金請求を行った時点で、信用情報機関に債務整理として登録されます。 そして、過払い金で完済できれば、その債務整理の登録情報は削除されるので、結果的にはブラックリストはキレイな状態で保たれます。

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、 それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。 その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。 過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

一般的に着手金が2万円から5万円。還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。 しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

法には、債権を持っていたとしても、これを使わない状態が10年間続くと、その債権は消滅してしまい、もはや請求できなくなるという規定があります。これを「消滅時効」といいます。過払い金の返還を求める権利も債権である以上、10年で消滅時効となり、それ以降は請求できなくなってしまいます。

過払い金返還請求権が10年で消滅するとはいうものの、一体どの時点から10年なのか、という点が、かつては論争となっていました。しかし、今は判例(裁判所の判断の先例)によって解決されており、「最終の返済日から」10年と解釈されています。借入日や、初回の返済日が10年以上前であったとしても、最終返済日から10年経っていなければ、過払い金返還請求はできることになります。

完済日から10年以上経ってしまった場合でも、取り戻せる可能性はゼロではありません。取り立てのされ方がひどかった場合などには、貸金業者からの請求を「不法行為」ととらえて請求すればよいのです。

不法行為とは、違法な行為によって人に損害を与えた場合に、その被害者が加害者に対して損害賠償を求めることができる、というルールです。

例えば、交通事故の被害者が治療費を請求する場合や、不倫をされた人が慰謝料を請求する場合がこれに当たります。借金の悪質な取り立て行為も、この不法行為と見る余地があるのです。

新しい問題として議論されているのは、「取引の分断」があった場合の消滅時効の考え方です。取引の分断とは、例えば、A社から平成2年に借り入れて平成10年に一度は完済したものの、再びA社から平成12年に借り入れて平成20年に完済した、というように、途中で一度完済している場合のことをいいます。

この場合、前の取引と後の取引とを合わせて1つの契約だと考えると、そのすべての返済が終わった時(上の例では平成20年)から時効を数え始めることになるので、平成30年が来るまではすべての過払い金の返還請求ができます。

ところが、前の取引と後の取引とが別々の2つの契約だと考えると、前の取引についてはその返済が終わった時(上の例では平成10年)から時効を数え始めることになるため、平成20年が来てしまうと、前の取引から生じた過払い金に関しては、返還請求ができなくなってしまうのです。

過払い金請求の多い奈良県について

奈良県(ならけん)は、日本の都道府県の一つで、本州中西部、紀伊半島内陸部、近畿地方の中南部に位置する県。 令制国の大和国の領域を占める。県庁所在地は奈良市。北西部の盆地部を除き、険しい山々がそびえている。都道府県面積は全国で8番目に狭く、内陸8県では最も狭い(ただし、最小の香川県の約2倍である)。 紀伊半島中央の内陸部に位置し、北西部に奈良盆地、北東部に大和高原、それ以外は大台ケ原や近畿地方最高峰の八経ヶ岳(八剣山)といった紀伊山地が広がる。 県内の地区を北和、中和、西和、宇陀(東和)、吉野(南和)などと区分されることもあるが、それぞれの境界線は曖昧であり、近年は単に中央構造線によって北部、南部と表記されることも多い。

気温の年較差・日較差の大きいいわゆる内陸性気候で、奈良における年平均気温は14.6°Cと全国の気象官署の中でほぼ平均的な気温である。降水量は年間を通じて1333.2mmと比較的少なく、奈良盆地(奈良市・橿原市などの地域)では降雪の観測日数は多くない(年平均23.3日)。一方、五條地域・吉野地域・宇陀地域などは降雪・積雪に見舞われることがあり、天川村・上北山村にはスキー場も存在する(大阪市から津市以南の近畿では両村だけ)。これらの地域では積雪が交通に影響を与えており、奈良県の道路政策には「雪害対策」の文言が含まれている。 気象は一般的に瀬戸内海式気候に属する北部(基準地は奈良市)と太平洋側気候に属する南部(基準地は吉野郡十津川村風屋)に大別される。天気予報では北部と南部に分けて発表される。 さらに北部を北西部(基準地は奈良市で狭義の奈良盆地の地域)、北東部(基準地は宇陀市で、山辺郡・宇陀市)、五條・北部吉野(基準地は五條市で、旧大塔村の地域を除く五條市域と、吉野郡3町)と二次細分区分として3分割している。 南部は南東部(基準地は吉野郡上北山で、宇陀郡・吉野郡の大峯山系東側の地域)と南西部(基準地は十津川村風屋、五條市のうち旧大塔村の地域・十津川村・野迫川村)と2分割している。 県内は典型的な盆地気候であり、夏場はかなり蒸し暑い。2005年7、8月における最高気温では十津川村風屋の37.3°C、上北山の37.0°C、五條の36.7°C、奈良の36.2°Cとなる。また最高気温25°C以上の夏日は奈良と五條がほぼ全日のうち60日間となっており、県内では最も多い。 冬の寒さはどの地域でも厳しい。近畿地方全体でも一、二を争うほどで、十津川では日本海側の豊岡よりも寒くなる日もある。一般に寒いと言われる京都盆地よりも、奈良盆地のほうが冬場の平均気温は低い。また北部山岳部の冷え込みは3月頃まで続くことが多く、年間を通じての最低気温の記録が3月では宇陀市大宇陀で−6.2°C、奈良市針が−6.1°Cとなっており、これらの宇陀地域は遅霜などの影響を受けやすい。このほか前述の通り積雪による影響を受ける地域もあり、奈良県内でも気象は一概に言えない状況である。 台風の影響は内陸部のため大きな被害を受けることは稀であるが、1912年(大正元年)の暴風雨で死者93人、1959年(昭和34年)の台風15号(伊勢湾台風)では風水害により死者行方不明者113名を出し、1998年(平成10年)の台風7号では室生寺五重塔など文化財が大きな損壊を受けるなど、台風が紀伊半島を北上する場合には地形の影響から大きな被害が出る。

近畿地方の内陸県。大阪府や京都府へ就労者や学生を送り出すベッドタウンが多い。人口(人) 1,406,914(平成20年5月1日現在)基本的にゆるやかな田舎風土であるが、わりと便利で都会的な生活が送ることができるので人気がある。 北に京都府、南に和歌山県、西に大阪府、東に三重県がある。

かつて東京で行った奈良の魅力アンケートでは「おいしい食事」が最低ランクかつ回答者の訪問回数に比例して評価が下がったという。表題の言葉はかつて志賀直哉が言ったと言われている言葉である。彼が本当に発言したかどうかはともかく、あまり食べ物に良いイメージを持たれていないのは事実のようだ。上記のように郷土料理は比較的たくさんあるが、例えば大阪のたこ焼きみたいな汎用性の高い料理に欠けるからなどなど色々な理由が言われている。奈良県側もこの現状を重く見て、新しい郷土料理を募集したりした。最近ではミシュランが25店舗に星を出し(三ツ星1、二つ星3)、「奈良にうまいものあり!」とミシュラン幹部が宣言した。 一方で、ラーメンに関しては彩華ラーメンや無鉄砲発祥の地であり、個性的なラーメンも多く関西随一のラーメン激戦区である京都にも引けを取らない程。

平城遷都1300年祭にあわせ、奈良県が中国の『奈良県に戦災被害が無かったのは、中国人建築家の梁思成氏がアメリカ政府に文化財保護の観点から空爆中止を進言し、米軍に爆撃を撤回させたからだ』という全く根拠の無い主張を無批判に受け入れて『中国に感謝する銅像』を建てようとしている問題。これには日本全国から抗議が殺到、県は根拠が無いことを認め、銅像の受け入れを『見直す』として一旦は抗議をかわしたが、それは実際には『設置場所を見直す』ということであって、県が中国側の主張を受け入れる姿勢には変わりがなかった。後に尖閣諸島漁船衝突事件の余波で『断念』するという声明を出すも、こちらも『受け入れイベントを予定日通りに行う事を断念』するという事であった。2010年12月、奈良県が銅像受け入れを白紙撤回。しかし県からの謝罪や偽報のような形で抗議をかわした事に対してのコメントは無い。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事