家族の借金問題、本人以外でも解決できるの?

家族の借金問題、本人以外でも解決できるの?

家族の借金問題を解決したい!

借金の返済に苦しんでいる人は、毎回の返済のことばかりに気をとられてしまい、自分の陥っている状況を客観的に見たり、借金そのものを解決する手段を考えたりまではできないものです。特に、家族に借金を秘密にしたいと考える人は多く、家族が借金のことを知った時にはもうすでに莫大な金額に膨れ上がっている、という場合も少なくありません。

このような事態に陥ってしまうと、借金をしている本人だけの力では返済していくことはできず、家族が借金問題の解決に乗り出すことになります。借金を解決するためには債務整理という手段が一般的ですが、債務整理は本人以外でも手続き可能なのでしょうか。

 

本人以外の債務整理は不可

結論から言ってしまえば、本人以外が債務整理をすることは不可能でしょう。 借金の情報というのは個人情報にあたりますので、たとえ家族であっても本人の許可なく教えてはいけません。そのため、債務整理を行う時に必要な書類(取引履歴など)を取り寄せることができないので、本人以外が手続きを進めることはできないでしょう。

司法書士などの専門家に依頼する場合には、代理人としてすべての作業を行ってくれますが、依頼の際には必ず本人と面談をすることになっています。

家族の借金問題を解決する方法は?

家族の債務整理を本人以外が行うことはできませんが、なんとか家族の借金問題を解決する方法はないのでしょうか。 実は、委任状を使用することで、貸金業者との交渉をすることは可能です。弁護士や司法書士以外が報酬を受け取って代理交渉を行うのは違法行為にあたりますので、あくまで無償で引き受けることが前提となります。

貸金業者と借金返済の条件を直接交渉する方法を任意整理といいます。任意整理も債務整理の一種ですが、裁判所への手続きなどが不要な代わりに借金元本の減額などはできず、発生している利息金や遅延損害金の支払いの免除、将来発生する利息金をカットしてもらう、といった交渉を行います。

ですが、貸金業者が素人相手の交渉でどこまで条件を飲んでくれるかは分からず、専門家による任意整理よりもきびしい交渉になることが予想されます。

結局のところ、借金をしている本人でなくては債務整理を行うのは難しいでしょう。特に、自己破産や個人再生のような法的な強制力をもった手段をとりたい場合には、債務者本人が司法書士などの専門家に依頼しなくては手続きを開始することすらできません。一度依頼をしてしまえばすべての作業は専門家に任せてしまえるので、なんとか本人に相談に行ってもらうように仕向けなくてはいけません。

本人以外が依頼できるケース

基本的には債務整理などの借金解決の手段は本人の意思によって行われるものです。しかし、それは本人の意識がはっきりとしている場合の話であって、例外的に裁判所で後見人として認められるケースもあるのです。

例えば、債務者本人が高齢のため自身で判断できない場合や、病気などにより自分で依頼することができない場合には、家庭裁判所に後見人を選任してもらうことで、親族でも債務整理の依頼をすることができます。

債務者が死亡してしまった

家族の借金問題でも、債務者が他界して家族が借金を相続した場合はまた話が違ってきます。 遺産相続といっても、不動産や現金などプラスになる遺産ばかりでなく、個人の借金も遺産相続の対象となります。相続する順位や配分は、ケースによりますが、基本的には以下のようになります。

関連記事